スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 15回目のレッスン

♪ハノン 9番
2つ目のリズム変奏が、思っていたより速いテンポを求められたので、ちょっと焦る
片手ずつとか何度か弾かせてもらってやっと合格。

次回は10番です。
リズム変奏。1つ目は、3連符八分音符八分音符3連符、11番のリズムと全くの逆バージョンです。
2つ目は16分を二つずつスラーで繋げてスタッカートで切るってやつです。(なんかもっとうまく説明出来ればいいのに・・


♪ツェルニー30番 6番
速すぎず、遅すぎず、のテンポで弾いたつもり。
でもミスがちょこっと。
「今日で仕上げられそうですね?^^」と言われましたが、
その後繰り返し弾いてると、ミスが次から次へとでてくる。
しまいには、今どこ弾いてるのかわからなくなってきた
「う?ん。もう出来るんだと思うんだけど・・もうこれはメンタル面だね」
トホホ・・・。
その後も、先生頑張って付き合ってくださったんですが、
私がギブアップ
もうちっと頑張ってきます。

注意点。右手のフォルテが弱いようです。
最後の盛り上がり部分がffになりきってない。

それで、次の7番も譜読みしてくるように言われました。
6番次こそ頑張るぞ?!


♪ソナチネ モーツァルトソナタ 3楽章
ツェルニーの嫌な感じをひきずることもなく、
こちらは比較的リラックスして弾けました。
でもまだまだです。
最後の部分、sfpとmfpの違いを出す。
最後6小節のユニゾンのところ、変な指使いをしていて音を外しまくったので、違うのを提案されました。というか、楽譜通りとも言う・・・。
和音の音の粒ははっきりと。
最後盛り上がりに欠けるので、fをしっかり出す。


えっと、次の曲のことなんですけど、
折角皆さんに色々助言いただいたのですが、
結局、ソナチネをひき続きすることになりました(みなさんすみませんm(__)m)

今日のレッスンで実感もしたんですが、
いろいろ挙げていたショパンの曲とかはまだ早いんじゃないかな?と。
もうちょっと余裕を持って取り組みたいような。
いつになったら余裕が出来んだ?って感じですが


そんな訳で、まだ今のモーツァルトも合格いただけた訳じゃないのですが、話の流れ上、次が決まりました(笑)。
ソナチネの1ページ目のです。
クーラウop.20-1(でいいのかな?)
1楽章の譜読みも、余裕があったらしてくるように言われました^^
先生が有名だと仰ってたけど、私知らないような気がする・・・(笑)。
スポンサーサイト
23:17 | 未分類
comment(0)     -
comments
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。