スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ピアノをはじめたきっかけ

私が習っていたのは、たぶん小学校入学した頃から中学1年生くらいまで。
実はあんまり覚えていません。
姉が習いに行き始めたので「私も!」と言って習わせてもらったはず。
たぶん最初は楽しかったはずなんだけど、とにかく練習しない子でした。
おなさけで○をもらっていたような・・・。先生も手を焼いたと思います。
使っていた本で覚えているのは
バイエル上下
ブルグミュラー25の練習曲
ピアノのテクニック
ピアノの練習ABC
ソナチネアルバム1
ツェルニー30番(一番に入ったところで辞めたのでほとんど使っていませんが
です。
練習しないので上達もしない。
次第にピアノを弾くことを楽しいと思えなくなり、
ある日突然辞めてしまいました。


で、ピアノに物凄い苦手意識を持ったまま大人になり、
自分は弾いちゃいけない人間だとずっと思っていました。
私の中でピアノは、小さい頃からずっと続けている上手な人だけのものだったんです。
なので辞めてからは一切ピアノを触ることなく過ごしました。

でもここ数年ネットをしていると、
大人になって一から始めた人や、
私のように小さい頃習っていて大人になって再開した人など、
自分のできる範囲で楽しんでいらっしゃる方の多さに気づいたんです

本当に目から鱗で、
ああ、私、自分で勝手に高い高い壁を作ってたんだな?って思いました。
こんなにピアノを楽しんでいる人たちがいるんだって思ったら、
自分もすごく弾きたくなって、
それで久しぶりにピアノを始める事にしました!
実はピアノを弾ける人がずっとうらやましくて憧れてたんですよね(^^ゞ
スポンサーサイト
19:42 | 未分類
comment(2)     -
comments
はじめまして~ ピアノカテゴリからやってきました。

たかーい壁・・ ほんと、そうなんですよね・・
私もそうでした。 というか、いまだにそうです・・
私の場合は、子供がピアノ習いたい、と言い出したのをきっかけになぜか自分が猛烈に弾き始めちゃったんですが、
劣等感というか、壁はまだ取れてません・・  いまだにもがいてるというか。

お暇があったら私のblogの2~3日前の記事読んでみてください~
多分似たようなこと書いてあると思うi-229
2006/08/02 07:46 | | edit posted by みなみ
はじめまして
コメントありがとうございます。
そうなんですよね。もう20年近くも、この高い壁に知らず知らず悩まされ続けていたみたいです。劣等感ってなかなか消えないものですよね。
でも、昔はなかった「弾いていて楽しい」という気持ちを今は感じられるようになったので、再開して良かったなぁ~と思っています。
ブログ早速遊びに行かせていただきますね~♪
2006/08/02 08:53 | | edit posted by ちびほ
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。