スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 最近よく思うこと

ちょっとワケのわからん独り言を
ウダウダと書きます。


ピアノを再開するようになってからよく思うのが、
一音一音を大切にしていないということ。
心がけたい気持ちはいっぱいあるんだけれど、
実際そこまで気が回っていないのが現実なんです。


私は長年、吹く楽器を趣味でやっています。何の楽器かは内緒
部活から始まったものだけど、えらくハマってしまって未だに続けています。つまりこの楽器とはもう人生の半分以上お付き合いしてるんですね?。ピアノとはえらい違い
ここはピアノのことを書く所なのでヒンシュクを買っちゃいそうですけど、一番好きな楽器はその吹く楽器です。私の一番の相棒ですそれだけはぜ???ったい譲れません
私の音楽はこの楽器だけだとずっと思い込んでいましたが、最近ピアノが加わりました^^
今は2番目にピアノが好きだと胸を張って言えますよ?

あっ、話が逸れちゃった。
ん?元々か。

で、えっとですね、
この吹く楽器っていうのは、一音しか鳴らせないんですよ。
ピアノみたいに一度に沢山の音を鳴らせない。
だから一つの音に集中して気を配れるんですよね。
たった一つの音符でも、気持ちの込め方、音の出だし、音の処理、息のスピードなど、一音一音に集中出来る(実際に出来る、出来ないは別にして)。勿論他の楽器の音を聞きながら合わせながらになるけども、自分で出す音はたった一つなんですよ。

でもピアノは違いますよね。
一人で伴奏からメロディーからハーモニーから全部やらないといけない。
私がピアノを再開したときに思ったのが、「一人でオーケストラなんてできるの!?」ってことでした。
実際弾いてみて、「えっ!?私今メロディーやってるのに、一緒に伴奏もしなきゃいけないの??どうしたらいいの!?」ってよくパニックになったもんです・・・(笑)。勿論今でもね
それにトータル的に言えば、世にも恐ろしい「ソロ」ですよ!しかも「どソロ」

昔ピアノを習っていた頃はこんな戸惑いなんてあるはずもなく。
ピアノをずっと続けている人には当たり前のことで、こんなこと考える方がおかしいと思うんですけど、私には「一人オーケストラ」なんて物凄い技術のような、人間業じゃないような気がしてしまうんですよね。
あ、きっと超人なんだ!とか思っちゃうんですけど(笑)。

でも実際、うまい人とかその道で食べていってる人とかは、
そう言った細かい一つ一つの音まで全て気を配っているんだと思います。
私はまだたった一つの音を鳴らすのに精一杯。
一つの鍵盤を一本の指でポーンと鳴らすのに、一体どれだけの努力が必要なのか。
「この部分ではこんな音を出したい」と具体的に思い描けて、実際にその思い通りの音を鳴らすことが出来るのか。
ピアノって譜面上に音がいっぱいあるじゃないですか。
私にとってそれを考えるのは、とてつもなく、気の遠くなるほど大変なことで、永遠に出来ないんじゃないかと思ってしまう。
吹く楽器だったらもう長年やってるし、ある程度イメージできるんです。
こんな音を出したい、こんな風に吹きたいって具体的にイメージしながら吹けるけど、ピアノはまだまだイメージさえつかめてない気がする。

私にとってピアノはまだ未知の領域です。
自分の息を入れる訳でもなく、音をコントロールしているのはたった一本の指だけ。
そこにあるたった一つの鍵盤をポンと押すだけなのに、何を表現できるのだろう?私にそんな事が出来るとは到底思えない。たった一つの音を鳴らすだけで人を感動させることが出来るのかな。そんな日、一生来ないような気がする。


まあ、こんなこと言ってますけど、
私は吹く楽器でさえ腕前は下の中くらいで、偉そうな事は何一つ言えないんです
熱が入りすぎて我を忘れて乱暴な演奏をしてしまったり、慌ててしまったり、気持ちがバラバラになってしまったり・・・うまいとはお世辞にも言えない。

余談ですが、私の中では打楽器もピアノと同じです。叩き方一つで音色も何もかも変えてしまう。ホント凄いなーと尊敬のまなざしで見ています。
でもピアノと違って、打楽器は長い間見続けてきたものだから、たった一つの音で全てを変える力があるのはわかってるんです。音の違いをイメージできる。

だからやっぱりまだピアノだけがわからない。
どうして鍵盤押してるだけなのに違いが出せるのか。
しかも一度にあんなに沢山の音符。表現しようにも量が多すぎる。
音楽って簡単なもんじゃないし、譜面上追いかけるだけなら機械でだって十分。そこに感情とか色々含まれるから音楽が素晴らしいものになっていくってのはわかってる。
気持ち一つで音が変わることはわかってる。
指一本だけどピアノだって色々表現できるはず。
のに、ピアノって何だろう??
ピアノって何者???
って疑問が湧いてくるのです。

単に扱い方がわかってないだけなのかな。
上手くなったらわかるのかな。それとも慣れ?


色々書いてるうちに、自分でも何に悩んでるのかわからなくなってきました。え?そもそも悩んでたの???あれ?

なんだかよく解らなくなってきたので、終わりにしたいと思います
訳わかんないことばっかり書いてすみませんでした
でもちょっとすっきり
うっかり最後まで読んじゃったよっていうそこのあなた!お付き合いいただいて、ホントにありがとうございましたm(__)m


今の私に出来ることは、楽しくピアノを弾くことだけなんでしょうね?
スポンサーサイト
21:37 | -
comment(6)     -
comments
ピアノを考える
うちのダンナの兄貴も、トランペット吹きだったんです。
最近、私の影響でカシオのデジピを買い、ピアノの練習を始めたそうなんですが・・・
ダンナいわく、「楽譜は読めるけど、和音をパっと見て押さえるのが難しいかもね」って言ってました。

あと、ご近所にもクラリネット吹きの奥さんがいらっしゃるんですが、その方は、
「子供には絶対にピアノをさせたい。私のやってる楽器は、伴奏がないので寂しい。ピアノなら、一人で欲しい音がすべて出せるので楽しいだろうなぁ・・・。」とおっしゃっていました。

あと、こんなことも。
「私もピアノが弾けたら、もっと本格的にこの道を進んでいたと思う」
私には、この言葉の真意はわからないんですが・・・


私も、子供の頃はただ音を出す作業を淡々とやっていた気がします。
大人になって、やっとピアノっていう楽器を知ったんだなぁーって。すごい時間かかってますよねー^^

どんな楽器・・・楽器じゃなくっても趣味をやる上で、そのものを深く理解するのは難しいものですよね♪
趣味だからこそ難しいのですよねー。自分がどこまで理解を深めるかっていうのにも葛藤があると思います。
実際、私もそういう感じです(笑

一人ピアノに孤独に向かっていると、いろんな想いが沸いてきますよねー。私もそうですよん♪
弾くたびに、違うこと考えたり。「なんでこうなっちゃうんだろう・・」とか「あーダメだなぁ」とか(笑
たぶん、みんなそういう風にいろんなこと思ってるんじゃないかな?ちびほさんだけじゃないと思いますよ~!安心して♪

私もまだまだ、たったひとつの音もきれいに出せないピアノ弾きですよ~♪
お互い、いつか自分らしい音楽が奏でられるようになるといいですね♪
2006/09/30 09:14 | | edit posted by yu-ki
こんばんは
何の楽器をやっていらっしゃるのでしょう?
秘密にされると余計気になりますね(笑)
私も子供の頃ブラスバンドをやっていたので、トランペットを吹いていました。トランペットは金管楽器の中で一番カッコイイと子供の頃思ってたので(笑)

吹く楽器って魅力的なものが多いですよね。
オーボエとかサックスなんか吹いてみたいです~。

んでピアノの話ですが、私もピアノって何だろう?と
考えたら「よくわからない」ですね(笑)

>自分の息を入れる訳でもなく、音をコントロールしているのはたった一本の指だけ。
>そこにあるたった一つの鍵盤をポンと押すだけなのに、何を表現できるのだろう?

本当にそう思います私も。
誰が弾いても構造は一緒なんだから同じに聞こえるんじゃ?と思いますけど違うんですよね・・。

ピアノって楽器は沢山音が出せる分、考えることも多い楽器ですね・・。もちろんどんな楽器もその楽器なりの難しさ、奥深さはあると思いますが。

人を感動させる演奏・・。難しいですね。
最悪、人を感動させられなくても自分さえ感動すれば
良しとしようと思ってます(自己中です(笑))
2006/09/30 19:03 | | edit posted by ブーぽん
♪yu-kiさん
yu-kiさん、こんにちは^^
こんな取り留めのない記事にコメントしてくださってありがとうございます!

義兄さんラッパさんだったのですね♪ピアノを始められたなんてyu-kiさんの影響力は凄いですね~^^
楽器は吹けても鍵盤を押さえる手は持ってないから、たしかにパッと見て和音抑えるのは難しいかもしれないですよね。でも何よりヘ音記号が読めないかも?ですね。実は私がそうなんですよ~i-201ヘ音のは未だにパッと読めないんです^^;

>「私もピアノが弾けたら、もっと本格的にこの道を進んでいたと思う」
例え吹く楽器でも、音大受験には基本的にピアノの実技は必須で、入学してからもピアノのレッスンはあると聞いてます。なので、ピアノ習ってなかったからその道を諦めちゃったのかな?と言葉通りに受け止めてしまったのですが・・・、もっと違う深い意味があるかもしれませんよね。勝手に想像ごめんなさいm(__)m
でも今書いて改めて思ったのですが、ピアノって音楽やる上で基本なんでしょうね。

yu-kiさんの仰るとおり、趣味だからこそ難しいって思います。
追求しようとしても終わりのない世界だし、自分がどれだけそこに力を注げるかってそれにも限界があるし・・・。

ピアノを再開してから、自分がやってきた楽器との違いに凄く戸惑っていたんです。同じ「楽器」なのにこうも違うのかと。昔ピアノをやっていた時は何も疑問に思わなかったのになあ。
大人になると余計なこと考えちゃって駄目ですね(笑)。でも考えてることが青臭いと言うか何と言うか・・・。お恥ずかしい限りです^^;
あったかい言葉かけていただいて、ホントありがとうございます。少し救われました~i-189
きっと皆あれこれ葛藤してるんでしょうね。私だけじゃないと信じてこれからも考え続けることにしますねi-179i-201
ありがとうございました♪
2006/10/01 15:49 | | edit posted by ちびほ
♪ブーぽんさん
ブーぽんさん、こんにちは^^
ブーぽんさんはラッパ吹きさんだったのですね。私も最初はラッパに憧れて入部したんですよ♪結局希望通りにはならなかったんですけどね^^ゞ
他の楽器・・・そうだなぁ、うーん、私もオーボエかなi-179あのきれいな音を出してみたいなあ♪あとは打楽器もやってみたいです。あれはホントに奥が深そうで興味をそそられますi-278

>誰が弾いても構造は一緒なんだから同じに聞こえるんじゃ?と思いますけど違うんですよね・・。
あーそうそう!そうなんですよ。構造は一緒なのに弾く人によって随分違ってくるから凄く不思議ですよね。あ・・いや、不思議と言うより、理屈はわかるけど納得できないってのが合ってるのかな。
・・・なんだか自分が凄く頑固な人に思えてきました(笑)。

人を感動させられる演奏、感動させられる音色。
ピアノに限っては頭の中でも想像がつきませんi-230
>最悪、人を感動させられなくても自分さえ感動すれば良しとしようと思ってます(自己中です(笑))
いやいや、これは大事なことですよね。きっと。
自分が楽しく演奏しなければ聴衆には何も伝わらない、とよく言われます。まずは自分が楽しむことからってことですよね。まあこの辺が素人の考えなのかなとは思わないでもないですがi-229、素人には素人の味も良さもあるんだと私は信じることにしてますi-278i-201

長々とお付き合いいただいてありがとうございましたi-237
ピアノもホント奥が深い楽器だなあと思いました。
2006/10/01 15:53 | | edit posted by ちびほ
音楽とは音を楽しむこと♪
こんにちは♪

私の父も、吹く楽器をやっております。
それで良く言われたのが、「うわー♯が5個もついてる!難しいねー!頭痛くなってくる」とか「よくこんな複雑な楽譜読めるね」とか、私がピアノを弾いてる脇で驚いてました。
私は、楽器はピアノしか弾けないので、なんで♯5個とか♭6個とかで頭痛くなるんだろう…、とか、楽譜複雑かなぁ…と不思議に思ってました。でも、吹く楽器って、音を出したり、出すまでが大変なんですよね!

でも、幾つかの音が重なることで見事なハーモニーを奏でることが出来る楽器なんですよね。

私の義理の姉は、ピアノ科専攻で音大出身なんですが、必須授業でオケがあると言ってました。ちなみに姉はチェロを弾いていたらしいのですが。チェロも一つの音をだす楽器ですよね?多分。ピアノ科の授業で、そういうのが取り入れられているのは何か意味がある気がします。
ちびほさんが仰っていた「たった一つの音符でも、気持ちの込め方、音の出だし、音の処理、息のスピードなど、一音一音に集中出来る」、そういうのってピアノにも必要になってくるから、こういった授業があるのではないかと。
私は音大出身ではないので、なんとも言えないのですが、そういう気がしてならないのです。

ピアノでもポリフォニー(複数の異なる動きの声部が協和しあって進行する音楽)の曲がよくありますよね。
あれってオケと似たような構成してますよね。
そう言った曲(勿論、曲という曲全部だが)を弾く上でも、一音一音を大切に、ということが余計問われてくる気がします。

なんて、何だかエライ長くなってしまいました。おまけに偉そうなコトも書いてしまったし(纏りもないし…)、スミマセン。

要するに何が言いたいのかというと、ちびほさんは吹奏楽で貴重な体験をしているので、それはピアノを弾くコトにも通用することがあるのではないか。それと、あまり焦らないで下さい。私も人の事言えないけど。
楽しんむことが音楽だと思うので。(うへー、生意気言ってスミマセンっ)
2006/10/01 16:44 | | edit posted by chiy
♪chiyさん
chiyさんこんにちはっ!
>それで良く言われたのが、「うわー♯が5個もついてる!難しいねー!頭痛くなってくる」とか「よくこんな複雑な楽譜読めるね」とか、私がピアノを弾いてる脇で驚いてました。
うわ~!これ、まんま私だ!私がよく言ってる台詞ですi-229
私の場合♭は4つ以上、♯は3つ以上でもう駄目ですねぇ(笑)。ピアノ譜のように細かい音符が並んでる”真っ黒な楽譜”は、正直もう見るだけで怖気づいちゃってますよ~i-201
でもそっかあ。chiyさんにとってはそっちの方が不思議なんですねi-179i-201

chiyさんの話を聞いていて思い出したのですが、そういえば音楽の先生も、声楽専攻だけど副科でフルートをやったと言っていました。打楽器専攻の友人も授業の一環で「能を観に行く」と言ってたなあ。他の楽器や芸術に触れることで幅も広がるだろうし、何かしらの意味があるのでしょうね。
・・能はさすがにちょっと話飛びすぎですね。すみません~i-229

ピアノに向かってからと言うもの、ピアノで一音一音を大切にする為の技術も経験も、私にはまだまだ足りないな~と実感せざるを得ないのです。が、あんまり考えすぎも良くないのかな。たしかに焦ってるのかもしれませんね。まだ始めたばっかりなのにな(笑)。

>楽しんむことが音楽だと思うので。(うへー、生意気言ってスミマセンっ)
ふふっそうですよね^^ホントchiyさんの仰る通りなんだと思います。
生意気だなんてとんでもない!どのお話も納得ですi-189私もピアノと管の相乗効果で音楽的にも伸びていけたらなぁ~なんて動機があったのも事実ですし(笑)。でもまずは楽しまないとねi-194
こんなコメントし辛い話にアドバイスいただいて、ホントにありがとうございました~! i-237
2006/10/02 14:23 | | edit posted by ちびほ
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。