スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 発表会

だいぶ長いこと経ってしまいましたが発表会のことを書きたいと思います。

えーと、一言で言うと大失敗でした。
よく謙遜で「うまく弾けなかった」とか、そういう言葉を目にしたりしますけど、いや?本気で失敗でしたよ。
だって音を忘れたんだもの

どんな感じだったかと言うとですね・・・、
とりあえずお辞儀をして、席について手の位置や座る位置を確認。
自分では全然緊張した感じはなく、冒頭も落ち着きすぎるくらい落ち着いて弾き始めました。

しかし、弾き始めてから違和感が。
なんか弾きにくいな?と思いながら弾き続けてたら、途中で判明。
あ、いつもより少し右に座ってしまったかもって
弾き始める前に、手を置いてちゃんと確認したのにね・・・

違和感を感じつつ、弾き進めていたら
フレーズの左の出だしの音をど忘れしました
次の音を覚えていたらそこをすっ飛ばして次へ進めばいいんですが、
その音を基準に1個ずつ降りていく、という覚え方をしていたので次にも進めません

しかたなく音探しを始めることに(笑)。
あれでもないこれでもないと、とにかく色んな音を弾いてみる。
お子様と保護者だらけでずっとざわついていた会場が、クスッとした笑いに変わったのですが、
あまりにもずっと音探しが続くので、次第に静まり返って心配そうな空気になってしまいました

先生は「万が一楽譜が飛んでも、いざとなったら私が持っていきますから」なんて前から言ってくれてたので^^;、
先生楽譜持って来てくれないかな?っていうか、早く持ってきて?!!と思いながら音探し。
そこで先生の方へ視線を送れば良かったのですが、そこまで考えが及ばず、
先生の救済をただひたすら音を探しながら待っていました^^;

もう、いい大人がすることですかね?^^;

しかし穴があったら入りたい、とまで思わない私の神経の図太さにもびっくり(笑)。
ちょっとは反省しなさいっての。
いや、反省はしてるんですが・・・^^;;

その後先生が楽譜を持ってきてくださって、音を確認した私は
先生が横について譜捲りしてくれてるにもかかわらず、楽譜を一度も見ることなく弾き終えました。
だって楽譜見たらぎこちなくなりそうだったんだもの。
と思ったんだけど、暗譜で弾いてても十分ぎこちない演奏でした^^;
音忘れ以外にも沢山ミスしたし。今までの練習なんだったの??って感じです^^;


事前に、フルコンだからいつもより音が飛んでいってしまって
何を弾いてるかわからなくなるよ?って言われてたんですが、
そちらはそんなに気になりませんでした^^

それより、本番後家族がやたらと気を使ってフォローしてくれるのが、痛々しかったです(笑)。
あの、そこまで気にしてませんから!!(笑)

そういえば、弾き終えたときの拍手も誰よりも大きくいただきました。
みなさん気を使わせてしまってすみません^^;;
散々な本番でした??^^ゞ
弾いた後、結構すぐに吹く方の出番がありました。
こちらは楽譜を見ながらの演奏なので、ピアノと違ってその点では安心(笑)。
しかし、きちんと音が出せるかどうか、それが一番の心配でした。

この出番が後に控えていたから、ピアノの緊張がさほどなかったのかもしれません。
まあ、その割りにど忘れしたけど^^;


こちらは曲前くらいからそれなりに緊張していたのですが、
それでもしっかり地に足つけて吹けている感覚がありました。
心配していた冒頭のフレーズは音外してしまったけれど、良い感じで進みます^^
しかし緊張は突然やってきたのです。
中盤の盛り上がり部分が過ぎた頃、残すところ再現部って時に急激に足がガクガク震えだし、
立ってるのがやっとと言う感じ。(立奏だったの)
足をしっかり踏ん張ってないと息が吸えないし吐けないので、ちょっと焦りました^^;
でも、なんとかちゃんと最後まで吹ききれました。よかった^^
ちょっと乱暴な演奏にはなってしまったけど、全体的にはまあまあかな?といった感じ。

吹いていてとっても気持ちよかったです^^
楽しかった?♪

貴重な体験ができました^^
スポンサーサイト
19:52 | 未分類
comment(0)     -
comments
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。