スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 楽譜屋さんへ

以前ちょろっと話に出しました、フォーレの無言歌Op.17-3。

とりあえずネットで楽譜をダウンロードしました。
でも、まだまだ先の話とはいえ、いつか本当に取り組みたい曲は
コピー譜では嫌だなあって思ったので
どんな楽譜があるのか下調べしに楽譜屋さんへ行ってきました。

ネット調べで良いと思った全音の「フォーレピアノ小品集」は、
・・・開けてビックリ。
楽譜の中にも日本語で解説が書かれてました
五線譜の上に日本語というのはなんとも不思議な感覚ですね
ほぉ?これは好みが分かれるかもと思いました^^;
個人的には、解説は別枠に書けばいいのでは?と思ったりするんですが
・・・どうなんでしょうね?
全音てみんなこんななの?^^;

このお店は楽譜専門店で、輸入物も沢山あるお店なので、
折角なのでそちらもチェック^^
1cmくらいある分厚い曲集とかもありましたが、
無言歌1つだけしか入ってない薄い楽譜も、色んな出版社から出ていて、
実際に手にとって見られるのは楽しいです^^
言葉が読めないのでわかんないけど、楽譜の中身はどれも同じ感じ。(当たり前か)。
へぇ?沢山あるのねぇなんてパラパラ捲っていたら値段が見えました。
何と4000円台でした
無言歌しか載ってない薄い楽譜なのに4000円!
たっかーい!
でもその横には何百円で売ってるのもあったような・・・
なんでここまで差があるんでしょうね????


ちなみに白紙の五線譜も5種類くらい売ってました。
へぇ?色んな会社が出してるんですね。

私が部活で使ってた頃は、友達からもらった五線譜をコピーして使いまわすという
非道な手段でやり過ごしてましたけどね・・・^^;
今は写譜することなんてないから要らないけど?^^


他のお客さんはみんな、
音楽出来そうな人、もしくは専門家?みたいな人ばっかりです。
みんな弾けちゃったり、吹けちゃったり、歌えちゃったりするんでしょうね。
いいな?^^

しかし、沢山の楽譜に囲まれてるだけで何だかウキウキしますね
スポンサーサイト
13:58 | -
comment(0)     -
comments
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。