スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 52回目のレッスン

9月1回目のレッスンがありました。
それなりに満足いく練習が出来た状態で、レッスンへ向かえたのは久しぶりです^^

♪ハノン 23番
1回目のレッスンです。
リズム変奏はテンポを上げ気味ですると少し乱れも出ちゃいましたが
合格もらえました。変奏なしでテンポを上げたものは今回はせず、次回に持ち越しです。

次回、リズム変奏は一つだけ。
18番 ターラッタッタ ターラッタッタ のスラーとスタッカートの組み合わせ。
あとは速いテンポのもの。
以上二つです。


♪ツェルニー30番 15番
2度目のレッスンです。
最初の通し。思ったよりも(←ここがポイント)つっかえずに弾けました^^
先生も特に今の段階では何も言うことはないみたいで、
次はテンポを上げて速く弾けるように、とのことです。

そして私から質問。4段目の13小節目の左手の運指です。
番号を振ってある「532132・・・」では私辛すぎるんです
というか、1-3のところで完全に指が離れてしまって届きません。
手を完全に横向きにして、指を前後に開いたら何とか届くんですが・・・そんなの見た事ないし(笑)。
そんな訳で、「どうしたら良いんでしょう??」と質問したら、
「カッコの中の運指でやればいいのよ」とあっさり。

・・・よく見ると音符の下に書いてある
ぜんっぜん目に入ってませんでした
あ?はずかし。なんてことを質問したんだか(笑)。
真下に書いてある数字が目に入らないなんて、私どんだけ視野狭いねんって話ですアハハ


♪ソナチネアルバム1 8番 クレメンティOp.36-2 1楽章
1回目のレッスンです。
最初の通しは、やっぱり練習よりミスが多くなってしまったけど、
それなりにはなりました。初回にしてはまあまあの出来。
やっぱり子供の頃少しかじったことのある曲だからですかね^^
先生もその辺はそう理解された様子^^

しかし次に「じゃ、テンポを上げてみましょう」と弾いてみると、
やっぱり、いっぱいいっぱいになってしまいました
だって、1楽章の解説の所に、「はやすぎないように」と書いてあるんだもん??
そんなにテンポ上げるとは思ってなかった
ゆっくり目でいいんだと思って油断してました
自分に都合のいいところだけ目に入ってくるんですかね(笑)。
「いくらなんでもこれくらいにはテンポ上げないと駄目よ?(笑)」と先生にも笑われつつ・・・

次は強弱をもっとよくみて、テンポも上げられるように。


さて、その後にビックリの展開が待ってました。
先生が「なにかやりたい曲とかはないんですか??」と仰るのです。
あんまりビックリし過ぎたんで、話の流れ上そうなったのか?突然話を振られたのか?
それすらも覚えてません?
少なくとも、私から「何か曲をしたい!」と言った訳ではない事だけはわかってますが・・・^^ゞ

なんか、色々お話してるとどうも「エリーゼのために」をさせたい感じ・・・?
「なんならその間ツェルニーお休みしてもいいですしね^^」と仰ってます。ビックリー!
あんまり先生が曲をすすめるのにも、休むのがツェルニーなのにもビックリです。
曲をするとしたら、休むのはソナチネでツェルニーは続けるものだと思ってました。
私自身も、ソナチネよりツェルニー続けたいしなあ・・・^^

しかしですね、どの曲するかって話は横に置いといても、
実際にはいつ取り組むんでしょう??
とりあえず、先生が貸してくださった本を1冊持って帰ってきたんですが、
「良さそうなの見てきてね^^」とは言われたものの、「見る」って?
どれが良いか選んで来いってことですかね?
選んで練習してこいってことですかね?
選ぶにしたって、今やってるツェルニーもソナチネも、まだまだ合格には程遠く、
仕上げるには何ヶ月かかかっちゃいそうです
なんか、選ぶの早くないですか??
いつも与えられてばっかなので、こういうとき、どうしたらいいのかわからない・・・

まさかの急展開でビックリのレッスンになりました
スポンサーサイト
08:13 | 未分類
comment(0)     -
comments
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。