スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 弾く順番

今やっている、
ソナチネアルバム1に入っているモーツァルトのソナタ、
曲名がずっとわからなかったんです。

でも先生が貸してくれたCDに書いてありました!
「ピアノ・ソナタ第15番ハ長調K.545」

・・・えっ?これタイトルって言っていいの??
15番がタイトル?K.545がタイトル?
どっちみち数字がタイトルなんですよね?。
覚えにくいし味気ないですよね。
でもみんな普通に番号で言ってるみたいなんで、
そんなものなんでしょうね
何となく違和感・・・。


さてさて練習していて感じたのですが、
やっぱり、ハノン→ツェルニー→ソナチネの順番でやっていると
ツェルニーがどうしてもうまく弾けないんです。
でも一通りソナチネまで練習した後に、
ツェルニーをもう一回弾くと上手くいくんだなこれが。
これってどうなんだろう?
最後にやってうまくいったって意味ないのかなあ。

レッスンはまだ2回しか行ってないですけど、
先生は結構いろいろと私の意見を尊重してくれるので、
ハノンを見てもらったあと、
「次どっち(ソナチネとツェルニー)すればいいですか?」
って聞いたら必ず
「どっちでも。やりたい方からやったらいいですよ
って言ってくれるんです。
で、なんとなく昔習っていた時の順番通り、
ツェルニー→ソナチネの順でやってしまうんですけど。。
ソナチネ→ツェルニーの順でやると合格できるかも?

合格するためじゃなくて、上達のために練習してるんだから、
やっぱりハノンの後でも上手に弾けるようになるのがベストなんでしょうね。
くだらない事なんですけどね?・・・
次回ちょっと先生に聞いてみよう。
スポンサーサイト
23:23 | 未分類
comment(0)     -
comments
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。