スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 21回目のレッスン

先週分のレッスン日記です。
今回は練習に満足いった2週間でした。

♪ハノン 9?11番連続
連続でと言っても、本通り4回連続で弾くのではなく1回だけです。
1回目はちょっとゆっくり目で弾いて、特に変なところもなく無難な感じ(?笑)でした。ちょっとホッ。
2回目はテンポを上げました。弾きながらこれ最後まで持つかな??とヒヤヒヤでしたが何とか弾けました^^
そんな訳で合格?♪

先生も「今、手も無理な動きはしてないし、力が入ってない感じ。いいですよ?^^」
と言ってくださいました
レッスン再開当初は本当にビックリするほど力の入ってた体でしたが、ちょっとマシになってきたんだな?と思えると嬉しいです^^
まあ1年近く要してるわけですが(笑)。

では次回12番。リズム変奏は、
10番「タタタ タン タタタ タン」3連符と八分音符、
17番「タッタッタッタッ タラララ」スタッカートとスラーの組み合わせ、の2種類です。あと、速いの。


♪ツェルニー30番 8番
右手が32分音符でかなり速いのですが、そのテンポに手が慣れるまで少し時間がかかりました(勿論指定テンポまではいってません)。3回くらい弾かせてもらったかな。
「後半はうまく出来てるんだけど、前半がちょっとねぇ?」
と言われました。
でも何度か弾いて、「これくらいのテンポで弾けていたら十分^^本当にミスなく弾くというのはとても難しいことです。なかなかできないもんなんですよ。これでいいでしょう^^」
と思ってた以上にあっけなく合格がもらえました。
少しミスタッチとかもあったのに、、い・・・いいのかな?^^;

次は9番。
8番は右手強化訓練みたいな曲でしたが、9番は左手強化訓練です。
恐ろしいです^^;


♪ソナチネアルバム1 1番 クーラウOp.20-1 3楽章
譜読みは比較的簡単に出来ました。
自分なりに弾きこんで作っていったつもりでしたが、やっぱり注意点は色々とありますね^^;
・途中52小節目のいきなりpに落ちるところ、もっともっと歌って表情をころっと変えるように。
・その後のクレッシェンドもしっかりfまで持っていく。
・所々の音符の長さ違い。
・rallent.=だんだん緩やかに
練習してるとき、「rallent.ってなんだっけな??よく聞いたけどなあ」って疑問だったんです。調べればいいものの、練習を離れると忘れちゃってて^^;
楽譜をもっとよく見ていれば、その後の「a tempo」に気がついて意味わかっただろうにね。
もっとちゃんと譜面見なくちゃ

しかし初めてテンポを揺らす指示をされました。
メトロノームに合わせてカチカチカチってだけではないのが、ちょっとずつ難しい課題にチャレンジできてるのかな?と嬉しく思ったりします^^

先生が「あと2回くらいで終わりそうですね^^」と仰ったのですが、次回で終われるかも?なんて思っていた私はちょっとがっかり(笑)。
最終的にはもう少しテンポも上げないといけないみたいだし、課題は山積みって事ですかね^^;

そして、「そろそろ次の曲考えないといけないですね?」と先生が仰ったんですが、私がすかさず「やっぱソナチネですかね?」と言うと、
「まだきれいな曲いっぱいありますもんね」ですって^^;
ソナチネで基礎的な表現力やらをもっとつけたい気持ち半分、
曲っぽい曲にチャレンジしてみたい気持ちも半分。
次は何かな??^^ドキドキ
スポンサーサイト
13:44 | 未分類
comment(0)     -
comments
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。