スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 暗譜って?

次回のレッスンまでにテンポアップしないといけない3楽章ですが、
なんと暗譜しながら練習することにしました。
私にしては珍しーい!
ってか、発表会で弾くなら暗譜しなきゃいけないのは当然ですね^^;

でも本当は、暗譜はもうちょっと指が覚えてからにしようと思ってたんです。

私のいつもの弾き方って
楽譜にかじりつきで鍵盤をそんなに見ません。
毎回その場その場で楽譜を必死で読んで、手探りの感覚で弾くって感じ。
目→脳を素通り→手
という、あんまり頭を使わない弾き方です

でもこれのやり方って、正確さを上げてテンポも上げて・・ってするまでにちょっと手間取る感じがします。
正直もう時間がない
そんな訳で、どうせ暗譜しなきゃいけないのだから、
とっとと暗譜するのが手っ取り早いのでは?という考えに至りました。

今まで譜面上の音符を読むことだけに費やしてきた脳を、
視覚的に鍵盤を覚える方向へフル回転^^;
今までと違って大変です

でも視覚的に覚えるってアリなの?
暗譜するって鍵盤を凝視することではないですよねえ?
まさか、楽譜も鍵盤も見ないで空を見上げて弾くのが暗譜だったりして・・・?
なんかわからなくなってきた。。。


そもそも、
今回の私みたいに覚えよう!って思って覚えるのは間違い?
練習回数を重ねて自然と覚えなきゃ意味ないんでしょうか?


は?・・・暗譜って謎・・・。
スポンサーサイト
10:54 | 未分類
comment(6)     -
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。