スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 K.545の譜読み

モーツァルトのK.545をやることになったわけですが、
3年前に9ヶ月もかけて仕上げた曲です^^;

この1楽章冒頭部分は、
きれいな可愛いメロディの後、すぐにスケールが出てきて
指の動きが試される曲でもあるので、
この3年間本当に時々ですが、ちょろっと遊び弾きしたりしました。(スケールの辺りまで)
自分の指がどれだけ回るようになったか確かめるには丁度いい曲だったんですね?。

でも今回、遊び弾きじゃなくて本気で取り組まないといけなくなったんで、
まじめに譜読みを開始しました

一度仕上げたとは言え、当時音楽的にも技術的にも全く余裕がなかったので、
音も曲も結構忘れちゃってます
ん!?何だこれ?と思う所もしばしば。。
でも何となくは覚えている為、イメージだけが先行して手元はおぼつかず・・・
このもどかしさったら、もう!

1ページ目はまだ比較的取り易かったんですけど、
2ページ目以降は臨時記号がやたらと多くって難しい
しかも折角音が合ってても、黒鍵から指がツルッと落ちるんですよね。
あぁもっとしっかり鍵盤をつかめるようにならないと(3年前も同じ事言ってた様な・・・)

でも必死で練習して、やっとこさ1楽章の音は取れました。
まだ全然スムーズに弾けないですけどね^^;
これ暗譜しなきゃいけないんだよね・・・
スポンサーサイト
09:47 | 未分類
comment(4)     -
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。