スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 練習

今日はしっかりアヴェマリアをしようと思って、
ハノンをさらった後に、すぐにアヴェマリアに取り掛かりました。

うん。元気があるっていいなぁ^^
普段はハノン→ツェルニー→ソナチネ→アヴェマリアの順で練習するので
いつも最後には精神的な疲労がたまってるんでしょう?(笑)。
今日のアヴェマリアは頑張れました

譜読みの頃のあのイライラはなくなり、
随分スムーズにはなったけど、まだ怪しい所がちらほら。
間違える所もそのときによって様々。
なんていうか、やっぱり弾きこみ不足ですね?。

いや、でもね?、音を間違えないとかそれ以前にですね、
腕や手を柔らかく使えてない!
これは前回のレッスンで注意されたことなんですが、
なかなかうまくいかないんですよ
左手は結構いっぱいいっぱいに広がってるので
柔らかく使うのが難しい??

ちなみに、この曲ペダル要りますが、
プリヴィア付属のペダルは逃げていくのでとっても弾きにくいです(笑)。
たしか今のプリヴィアはスタンドにひっついてるんですよね。いいな?^^


ソナチネ・クーラウOp.55-1はテンポを上げるとノッて弾き易いです。
フレーズの区切れを意識して弾いています。
一箇所どうしても繋げて弾いてしまう所があって、
もうそれが癖になっちゃってるみたい。
さっさと直さないとね。
スポンサーサイト
18:31 | 未分類
comment(0)     -

 苦戦アヴェマリア

苦戦中のアヴェマリア、それなりに通すことは出来るようになってきたのですが、
まだフワフワと必死で楽譜をなぞってるだけのような感じです。
弾きこみが足りんと言えばそれまでですが
やっぱり苦手なんだろうな?^^;

ペダルもつけてみました。
弾いてたら何だかむなしくなってきました
それはきっと、実際は弾けてないのに
ペダルつけちゃうと何となく雰囲気だけでてる気がするから。
まぁそんなの上辺だけで、弾いてる本人以外にはバレバレなんでしょうが・・・

やっぱりペダル抜きの練習をしっかりしてからじゃないと駄目だなぁ。


テンション落ち気味ですな。
07:57 | 未分類
comment(2)     -

 61回目のレッスン

2月1回目のレッスンの記録です。
そろそろ書かないと忘れちゃう


♪ハノン 25番 (3回目のレッスン)
3つあったリズム変奏は全部○。
でも最後の速いテンポのものが駄目でした
まだ左右でバラバラになってしまう所が少し・・・。

次回ももう一回。
リズム変奏は一つだけ。
16番に似たもの スラーとスタッカートの組合せ タラララ タッタッタッタッ
あとは、今度こそ、速いの。


♪ツェルニー30番 15番 (11回目のレッスン)
「後もうちょっとなんだけどな?。ま、気長にいきましょうね^^;」
という先生のお言葉が全てです・・・
ポロポロミスが出ます。進歩なし・・・かな


♪ソナチネアルバム1 4番 クーラウ Op.55-1 1楽章 (1回目のレッスン)
冒頭の象徴的(?)な部分は、
左右ともにスラーの切れ目を意識できていて、フレーズが感じ取れている。
だけど、その他の所はまだ全然。とくに右手のフレーズかな。
リピート記号の後の25小節目、左右同時のスラーの切れ目は、
左右共にしっかり切って、新たに入りなおす。

そんな感じで、
「次は、スラーを意識してつけて、曲想つけて。・・・あら、そうなったらもう仕上げね^^」
とあっさり言われちゃいましたー^^;
頑張らないとね^^ゞ


♪アヴェマリア(1回目のレッスン)
まず先生に「アヴェマリア」と「主よ人の望みの喜びよ」の
どっちにしたかを報告^^
そして、
「実はこの曲、メロディをあんまり知らなくって、盛り上がりがいつまで続くのか、
なかなか覚えられなくて苦労してるんですよ?
と嘆いてから弾きました。
一回通して弾いて、先生の感想は
「あぁ?苦手そうな感じですね^^;」
あはは。ばれた

「体を柔らかく使って弾きましょう。棒引きになってる。
せっかく大人なんだから雰囲気のある演奏しましょうね^^
次はペダルも使ってきてくださいね。(すっかり頭から抜け落ちてました
和音が変化していくからややこしいけど、音は間違ってないから、
次仕上げですかね^^」
とのことです。

次仕上げか?そうとう弾きこまなきゃ、楽譜に頭がついていけなさそうです。
苦手意識もとらないとね


先日のテレビネタ「名曲探偵アマデウス」でやってた、
サン=サーンス「動物の謝肉祭」の「ピアニスト」の話を先生にしました。
先生大爆笑!(笑)
ウケてもらえて良かったです
08:18 | 未分類
comment(0)     -

 体感

最近ずっと、”生音聴きたい病”だった私。
タイミングよく演奏会があるということで、先日いってきました。
と?っても良い演奏会でした^^

改めて思ったのが、やっぱり音楽は体感するものだなぁと。
CDやテレビでも良い音楽は聴けますが、
生に勝るものはないのではないかと思うんです。

肌で音を感じる、体で音を受け止める、
音が空間を埋め尽くして振動を体の芯まで響かせる。
なんて贅沢なんでしょうね。。。

この感覚って、花火と一緒じゃありません?
私は小さい頃から、打ち上げ花火を近くで見られる環境だったのですが、
あのドーンという音が体の芯に響く、そういう花火がとても好きです。
あの、ドーン、ドーン、という音が心に響くたび、うっとりしてしまう私^^;

音楽も花火も、体で受け止め、肌で感じるものだというのが持論。
なんて言うと大袈裟かな?でもそう思いません?^^;

more... »

16:36 | -
comment(6)     -

 あっ!

ブログパーツの木がちっちゃくなってる!
あは。更新しなかったつけですねー^^;

レッスン記も書かなきゃいけないし、
色々書く事はあるんだけど、
行って来た演奏会の余韻を楽しんでるので
更新できません?。
ありゃー。
23:22 | -
comment(0)     -

 名曲探偵恐るべし

NHKでやっているテレビ番組
クラシックミステリー 名曲探偵アマデウス」ってご存知ですか?
「クラシックの名曲を、初心者にもわかり易く、面白おかしく解説してくれる番組」といったとこでしょうか。
なんとも癖のある番組ですが(笑)、とても面白くて
今年に入ってからずっと見てます。

実は初回からチェックはしてたんですけど(しかもかなり期待してた)、
あまりの癖の強い話とお芝居についていけなくって(笑)、見るのを断念したんですよ?。
でもこの年始にあった「フィンランディア」の再放送を見たら、
なんかすごく面白くってのめり込んじゃいました。
こんなに面白いなら見続けとけばよかった?
今は欠かさず見てます
一から再放送してくれないかなぁ??


ま、それはいいとして、最新の回を見ました。
今回は、サン=サーンスの「動物の謝肉祭」。
ん?謝肉祭?・・・「ヴェニスの謝肉祭」しか知らない

謝肉祭=カーニバル、だそうです。知らんかった!
全14曲からなる組曲で、それぞれ色々と皮肉も織り交ぜられてるようで^^;
「象」「亀」「水族館」など各テーマがあるようです。
あの有名な「白鳥」もこの「動物の謝肉祭」の一曲だったのですね?!
「瀕死の白鳥」とは知りませんでした。てっきり「優雅な白鳥」かと・・・^^;
「水族館」もよく耳にしますね
ホント何も知らなくてすみません・・・

で、それらに並んで「ピアニスト」という曲もありました。
その解説がなんとも恐ろしくてですねー!!

ピアノ譜なんですが、ハノンのような練習曲みたいな譜面で、
初心者のように不器用に弾く」と指示があるらしく・・・。
実際に弾いてらっしゃるピアニストの方が、
ぎこちなく弾くために気をつけたポイントをお話してらっしゃいました。

♪指を突っ張るように
♪親指を手首から押さえつける
♪薬指と小指が引っ付いたように弾く
♪「ちょっと弾けるようになって、頑張って速く弾こうとして、左手が右手に追いつかない」右手が先走ったスケール

上記、全部実際に弾いてくれました。

これ、、、まんま私じゃないですか・・・

なんかわからないけど、愕然としました
頭の中で鐘がゴーンと一発鳴りました(笑)。

・・なんでしょう。このモヤモヤは(笑)。

恐るべし名曲探偵。
恐るべしサン=サーンス。

別楽器で今ちょうどサン=サーンスやってるので、
余計になんとも言えない気持ちです・・・


しかしプロって何でも出来るのね
初心者っぽく聞こえました。お見事でした

もし良かったら、再放送が土曜日にBSであるようなので、興味ある方は是非どうぞ^^
09:17 | -
comment(4)     -

 アヴェマリア

ところで、「アベマリア」についてですが、
以前の記事にいただいたコメントで知りました。
これ、バッハの曲だったのですね!
グノーと書いてあるので、すっかりそう信じていたんですが、
バッハの曲を伴奏に、グノーさんが歌曲に仕上げた、とか何とか?
へぇ?。

でもね、それ以前の問題で、
実は私「アヴェマリア」って、
このバッハの「アーーーベーーーマリーーーイーアーーー」
じゃなくって、
「アーーーベマリーーーイーアーーー」
の方しかあんまり耳にしたことなかったんですよね。(↑違いわかります?

初めてこのバッハの曲を弾いたとき、なんじゃこれ!?と思ったんです(笑)。
どうも後者のはシューベルトらしいですね。
は?、無知とは恐ろしい・・・^^;


ちなみに、タイトル名を
「アベマリア」と「アヴェマリア」両方混同して使ってる私ですが、
何でかって言うと、本の表記が両方だからです。
楽譜の上に書いてるタイトルは「アベマリア」。
しかし、その本の目次には「アヴェマリア」と書いてあるのです
・・・・。
どっちかに統一してよ??
07:33 | -
comment(8)     -

 決定

数日ぶりにピアノを触りました。
前回の日記以来です^^;

さて、今日は譜読みを進めようと頑張りました。

前回ソナチネの譜読みで、難しいと嘆いておりましたが、
今日弾いてみたら結構弾けました。あれ????
ちょっと拍子抜け。いや、いいことだけどね^^
たぶん前回のでちょっと慣れたんでしょう。
細かいアーティキュレーション(だったか?)とか曲想まで
考える余裕が少しありました。
うん、楽しい^^
ついでに2楽章までみちゃおっかなとか思ったくらいです。
これ早く仕上げられるように頑張ります^^

さてさて問題の、「アベマリア」と「主よ人の望みの喜びを」です。
どっちにするかですが・・・
一応アベマリアをしようという決意のもと、
万が一、今日も「訳わからーーーん!」という状態なら「主よ?」にしようかなと、
逃げ道を作って練習に挑みました^^(決意になってない・・・)

これまた意外や意外、
ソナチネ同様、いや、ソナチネまで順調ではなかったですが、
両手で合わせられるくらいになりました。
おお!こりゃ「アベマリア」けってーい

でもこの「アベマリア」きっと相当手こずりますよ?^^;
右手でメロディ、左手が分散和音(ていうんでしょうか?)なんですが、
左が本当に難しくって
一小節ごとに音が変わっていくし、臨時記号も多いし、
何より手が届かない所がある!
ペダルを使う曲なのでそれで誤魔化しちゃったりして?^^;
18:43 | 未分類
comment(0)     -
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。