スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 鍵盤と椅子の高さ

先日、鍵盤を付属のスタンドに設置したのですが、
以前棚の上に置いていた時より、2?3センチほど鍵盤の高さが上がったみたいです。
今まで弾いていた椅子は高さを変えれる物ではないので、高さ調節するなら座布団とかひくしかないです。

でも本当はどの位置が正しいんだろう?
そう思って色々検索してみたら(ネットって便利ですね?)、
肘の位置が鍵盤より高い人、同じくらいの人、低い人、
プロの人でもそれぞれ違ってるみたいですね。
人それぞれなんだなあ。
でも素人ですから、普通がいいんだろうな。
同じくらいか、ちょっと高いくらいが普通かな?

座布団をひかず高さ調節なしで鍵盤に手を置いたら、
自分では鍵盤より肘が下がっているような感覚があったのですが、
実際鏡に映して見ると、鍵盤より上に肘がありました。
自分の感覚ってあんまり当てにならない・・・(笑)。

鍵盤より上だし、じゃあこれでいいのかな?と高さ調節なしで練習してたんだけど、練習しているうちに、肩を上に上げて弾いているのに気づきました。
これじゃいけない!
無意識に肘の位置を上げようとしてたんですね
やっぱり座布団必須のようです
スポンサーサイト
14:36 | -
comment(4)     -

 人前では出来ないなあ

前回のレッスンで、ソナチネを声を出して歌う練習をするように言われました。
これがまた私にはとっても難しい?!なかなか上手くいきません。
元々歌は苦手で、私は声を喉から出してるんですよね。
喉をどんどん締めていってしまう為、途中で苦しくなってしまいます。
それに、そもそも自分の声や音程などがとても気になって、
正直ピアノどころじゃない
とても先生のような美声では歌えません?

じゃあそれが無理なら、鼻歌(ハミング?)程度にしてみよう!
ってことで軽く歌ってみたんですけど、
途中で歌うのを忘れちゃうんですよ。弾くほうに専念しちゃって
何度やっても同じ。
気がついたら息止まってたりもします(笑)。
それにまだやっぱり音程とか気になる・・・・。


うぅ?やばい!これじゃあ練習進まないよ?
と焦っていたのですが、良い方法を思いつきました!
楽器を吹く時の様に、息だけをフーッと出す方法です!
これなら気になる音程も音域も自分の声も全く関係ありません(笑)。
でも息遣いは出来るし、フレーズだって感じられる。

実際やっていると、今まで出来てなかった息継ぎは
以前よりもきっちり取れるようになったような。
頭で考えて間合いを取るというより、体で感じて間合いを取るって言う感覚になりました。
お?!これは結構進歩かも???

まさに楽器を吹いている感覚です。
これが正解かどうかはわからないけど、私には合ってるみたい^^
強弱も出来ちゃうし良いこと尽くめです♪
あっでも、切らなくていい所で息が足りなくてブレスしてしまうのは
良くないなのかな・・・まあいいか(笑)。


ノリノリでこの練習をしていたんですが、
ふと気がついたんです。
あれっ!?これはひょっとして、のだめの口・・・!?
私、自然にひょっとこになってるよー!!

声も出さずに、息だけフーッフーーッって出してるし、
しかもその口はひょっとこだし、
でも真剣にピアノ弾いてるし、
もし万が一他の人にこの姿を見られたらひかれてしまいそう
第一、「あの人のだめの真似してる!」「流行り物が好きなのね」なんて思われたら・・・!(考え過ぎ)

せめてのだめみたいに、ホントに気持ちよく弾けているからひょっとこに・・・なんて理由だったらいいのにな?。
まだそこまで気持ち良くは弾けません

この練習で、大きな収穫と大きな衝撃を同時に得ることが出来ました(笑)。
あ?ビックリした
09:05 | 未分類
comment(6)     -

 スタンド設置

ようやく・・・ようやく取り付けました。

我が家の電子ピアノ「プリヴィア」は鍵盤部分とスタンドが別タイプの物なんです。
鍵盤と同時にスタンドも購入してたんですが、何となくずっと取り付けてなかったんです。

じゃあ今までどこに置いてたのか?って話なんですが、
実は2段ボックスの上でした(笑)
ピアノを置く予定だった場所に丁度2段ボックスが2つあったので、
何となくそこに橋渡しさせて、そのまま何となく時が過ぎていました(笑)。
高さも丁度だったもんで・・・
でもペダルを使うようになってから、ちょっと踏みにくいな?と気になっていたのです。だって2段ボックスって幅が結構あるもんだから、真ん中の空きスペースが30センチくらいしかなかったんですペダル踏む足が常に棚に当たっているという・・・。

そこでや?っとスタンドを出してきました!
購入してから早1年4ヶ月。
スタンドも、やっと日の目を見られるのねって感じでしょうね


ではこちらが我が家のプリヴィアちんです!
じゃん!
DSC00833.jpg

スタンドあんま写ってない・・・(笑)
いや、何も大したことはないんですけどね
でもちょっとピアノの格が上がった感じ見た目だけなんですけどね?(笑)。
ちょっと嬉しかったので載せてみました


昨晩組み立ててもらったばかりので、まだ弾いてないんです。
何となくちょっと楽しみ!
09:21 | -
comment(6)     -

 8回目のレッスン

↑何回目と書く必要があるのかと疑問に思う今日この頃・・。

レッスンに行ってきました。
思ったほど練習を進められなかった所はあるけど、自分なりにしっかり作っていけてると感じれたので、いつものドキドキはさほどなかったです

♪ハノン 5番
前回合格をもらえなかった2つ目のリズム変奏と、速いテンポの。
やっぱり最後の方は疲れが出るのか乱れかけましたが、今日は何とか合格できました。
「やっぱり片手の練習は良いみたいね!特に左手」との事です。
片手で出来なきゃ両手でも出来ないもんね。うんうん。

次、6番。
リズム変奏は9番と、音符を2つずつスラーで繋げ、頭の音はアクセント、スラーの終わりはスタッカートで切るもの。(文章で説明するのって難しいですね

ツェルニー30番 3番
これは比較的楽しい曲です^^
所々つっかえながらではありましたが、もうちょっと弾き込めば大丈夫かな?って感じ。注意点は
・右手はもうちょっとフレーズの区切りをしっかりつけても良いかも。
・右はきれいにメロディーが聴こえているから、次は左の音を聴くようにする。左のフレーズを感じる。
・強弱をつける。
次回仕上げましょう!だって

ソナチネアルバム1 モーツァルトソナタK.545 1楽章
曲に入り込めるように、集中できるように、そう願いながら(笑)弾いたのですが、やっぱりちょっとミスもあり・・・
でも前回よりはずっとマシでした!それだけでも今回はヨシとしよう!(甘い)

結構弾き込んできてはいるのですが、未だに、今まで間違えなかったような所で間違ったりするんですよね
先生も「何でだろうね??仕上げなきゃ!とプレッシャーをかけちゃってるのかな??」と不思議そう

たぶん皆そうなんだろうけど(違うかな?)、沢山練習して今まで当たり前に弾けていた所でも、ふと一瞬の迷いってのが出てくるんですよ。
それが私の場合、多分人より多い(笑)。(普段の生活でもよくあるのです。優柔不断だし
その度に私は手を止めてしまうんですよね。
先生に「多少あれ?と思う所があってもガーッと強引に弾いていけるのも技術の一つだと思うよ」と言われ、なるほどなーと思いました。

「完璧を求めたい?」って聞かれました。
いや、私のレベルで完璧も何も・・って感じですがね
でも、もうちょっとやりたいです。
そんな訳で「次は迷いなく弾けるように暗譜にしようか(笑)」ってことになりました!
こうなったら頑張らなくては?


あ、そうそう。
呼吸のことも言われました。息継ぎをしましょうって。
私時々歯を食いしばりながら弾いてるんです(笑)。
息も時々止まってるし
それを言ったら、「そりゃ体がガチガチになって手も硬くなるし、指も回らなくなるわよ?」と。
「歌っておいで。家で一人で歌う分には恥ずかしくないでしょう?」
って事なので歌わなくては!

2楽章も余裕があったら見てきてね。とのことです^^



帰り道、数年ぶりに幼馴染に会いました。
「どこ行ってたの?」と聞かれ「ピアノ習いに」って言ったら
即座に「かわいい!!!」と爆笑??されました。
”かわいい”って形容初めて聞いたんですけど(笑)。
18:39 | 未分類
comment(6)     -

 ぬか喜び

「糠」と書くのですね。変換して初めて知る・・・


♪ツェルニー30番 3番
四分音符=76のテンポまで上げることが出来ました。
この曲あんまり続けてやると、右手がすごく疲れてきますね。
この後ちょっと一休みしたくなった(笑)。

♪ソナチネ モーツァルトK.545 1楽章
テンポ60から始めて、88までスムーズにあげる事が出来ました。
こんなにテンポ上げられて嬉しい!わーい

なんて思ってたんですが、前回のブログに「84まであげた」と書いてるではありませんか
・・・がっかり

そんなのすっかり忘れてたよ?
20:28 | 未分類
comment(2)     -

 じっくり作る

♪ハノン5番
久しぶりだからか、左手のみのテンポは85までしか上げられない。それ以上はバラバラになってしまいます。
指もバラつき気味。ちょっとタッカのリズムとか取り入れたほうがいいかも。

♪ツェルニー30番 3番
譜読み。片手ずつ。
四分音符=60のゆっくりのテンポで両手で合わせてみました。

♪ソナチネ K545 一楽章
まず、右手のトリルをどうにかしなくては。
15,17小節目のトリルの指は3,4でと書かれてるんですが、私4の指は本当にビックリするくらい鈍いんですよ。
随分前に先生に「出来なかったら指変えてもいいよ」と言われてたんですが、何となくずっと3,4で頑張ってました。結局未だに出来なくて曲にならないので、結局2,3の指に変えてみる事にしましたこれなら何とか形になりそう!要練習。
後半にも同じ形のトリルが出てくるんですが、こちらは元々指定が2,3の指になってるので問題なし

あと、前半と後半のそれぞれの終わりに出てくる全音符のトリル。
元々16分音符で練習してたのを、ここんとこ欲張ってもっと細かいの(32分音符)にしようと挑戦していたんです。でもどうも終わりを合わせられないんですよね
なのでこれも元に戻して、16分音符にすることに。
トリルの終わりを合わせられないだけかもしれないので、16分だろうが32分だろうが関係ないかもしれないけども、ちゃんと仕上げたいので。
変に背伸びしないで、今の実力で出来る精一杯の丁寧な演奏をしたいなと思います。安全策と言っちゃえばそれまでなんですけどね
でもやっぱり乱れた演奏って、聴いていても弾いていても気持ち良くないし、そっちを優先することにします!

で、今回はテンポを84まで上げることが出来ました。
テンポ60くらいでじっくり合わせていった効果がちょっと出てきたかも?(気が早い?)(笑)
でもこれ以上上げるとまた乱れてきそうだから、しばらくこのテンポでもう一度見直しながらじっくり作っていきます。
10:15 | 未分類
comment(2)     -

 練習メモ

結局昨日も弾けませんでした。
気がつけば次のレッスンまであと1週間切っちゃった。

ツェルニー30番の3番、譜読みしてないことに気がつきました。間に合うのか!?

ハノン5番は左手のテンポを88まで上げることが出来ました。
(数日前の話)

ソナチネの1楽章はテンポ64?68くらいで練習。右手のトリルが相変わらず上手くいかない。左が右の動きにつられるし、右は思うように動かない。
(数日前の話)
09:46 | 未分類
comment(0)     -

 音楽の秋

週末バタバタしていてほとんど練習できなかったことに加え、
親知らずを抜いた事によるダメージ(笑)で、
練習はさっぱり進んでいません

あ?気持ち悪いよ?
全く痛くはないんですが、血の味がして口の中が非常に気持ち悪いです。
気持ち悪すぎて何も食べてないのでお腹もグウグウ鳴ってます。
ピアノも弾きたいけど、ピアノの前に座る気にもなれず。

今日こそは練習しようっと


この秋はいつになく音楽の秋になりそうです^^
例年通りの音楽に、今年からピアノが加わったからなんですが、
何よりも私の意識が変わった。
もっとうまくなりたい。
吹くほうも、弾くほうも。
社会人になってから、音楽は余った時間でという感じだったのですが、
今はもう少し割合を増やしたいな。

ピアノを習い始めてから良い刺激を受けているようです
08:37 | -
comment(10)     -

 ゆっくりと

メトロノームとにらめっこ。
といっても電子ピアノ内臓のものですけど・・・

♪ハノン5番
特に左が言うことをきかない。
速いテンポでの片手ずつの練習が必要と言われたので早速やってみました。
案の定、左はテンポ80でも弾けない・・・。
これはコツコツやっていかないといけませんなー。

♪ソナチネ一楽章
まずはゆっくりしっかりメトロノームに合わせていく。絶対乱れないように注意して。
テンポ60から開始?♪
結構ゆっくりですこれ。でも合わせられない所もあったり・・・
弾いてるうちに、あちこちで乱れている所を発見。
トリルは元々言わずもがなって感じだったんですが
ペダルを踏むタイミングとか、左右のテンポ感の違いが出やすい所、リズムのばらつきやすい所、もろに狂う所(笑)とかもうツッコミ所が満載で(笑)。
こりゃー直し甲斐があるなと
今まで何やってたんだろ私(笑)。
とりあえずテンポ64で(上げちゃった)しっかり作っていきます。
14:37 | 未分類
comment(7)     -

 7回目のレッスン

へ・・・凹む・・。
しかし予想通りといえば予想通り。

♪ハノン 5番
リズム変奏、タッカの逆のリズムが難しい?!とか言っていたけども、レッスンではメトロノームを使わないからかOKをもらえました。

でももう一つのリズム変奏、根本的に間違ってた
なんとリズムを間違えてました!
前回、
「前四つがスラー・後ろ4つがスタッカート、というのになりました。16番と似てるけどちょっと違う。」
なんて書いてたけど、そっからすでに間違えてたんですね。
「前四つが16分のスラー、後ろ4つが8分のスタッカート」でした
つまり2/4ではなく3/4で、リズム変奏8番にスラーとスタッカートをつけたものになります。
先生に言われるまで気づかなかった私・・・。指摘された時は本気でムンクになりましたよ?(笑)。

最後テンポを上げたのも3・4・5の指がこんがらがって駄目でした。
当然のことながら、もう一回やってくることに。

♪ツェルニー30番 2番
なんとか今回で合格したいところですが、まあ見事につっかえまくり。
先生に「・・・今日仕上げましょうか!」と言われてしまいました。
ここまで言わせてしまう私って・・・
レッスン中になんとか間違えずに弾けるようにまではなって、無理やり合格と言うことに・・・。結局最初の頃言われた、曲想だの左右のバランスなど無視したような感じになっちゃいました
次回3番。

♪ソナチネアルバム1 モーツァルトソナタK.545 一楽章
ツェルニー弾いても体は硬いまま。めっちゃ緊張してるな?と自分で感じつつ弾きはじめたんですが、もうここには書き切れないくらい間違えました
ロクに弾けないから先生も指導のしようがないんだろうな。力を抜くことだけを言われました。
とりあえずゆっくりメトロノームに合わせて弾いてみて、そのあとテンポを上げてみた。ちょっとだけマシになったかな。
もう一回やってくることに。
メトに合わせてゆっくりのテンポでやってきてね、とのことです。
「曲は出来てるんだけどな?」という先生のフォローも空しく響きます・・


もっと地味に練習を積んでいかなければ。
焦るな焦るな。
地に足つけて頑張ろう。
18:31 | 未分類
comment(6)     -

 仕上げられるか?

そろそろ仕上げにかかっているモーツァルトソナタK.545の1楽章。
最近ちょっと良い感じになってきたかも♪と思っていたら、あちこち崩れてきてしまって少し後退した感じです。
「良い」と感じられていたのは気のせいだったのかも(笑)。
きっちり作っていきたいな

2楽章の譜読みはホントゆっくり進めています。
今のところ半分くらいまでゆっくり合わせられるようになりました。
なかなか指が覚えられなくて、何度も何度も繰り返し弾くしかないんだけど、目に見えるように上達するので楽しい。
昔はこういう地味な作業が嫌だったのにな?とニヤニヤ
少しは成長したのねえ。

ツェルニー30番の2番はホントにやばいです
このままじゃあ丸3ヶ月いっちゃうかもしれない
ちょっと長くやりすぎたのかな。集中力が途切れ気味。
でもきっちりやりたいなぁ。。

ハノン5番は相変わらず地獄のようです
でもちょっとテンポを上げれるようになっては来たかな。
タッカの逆のリズムがまだ難しいです
18:43 | 未分類
comment(0)     -
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。