スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 最近よく思うこと

ちょっとワケのわからん独り言を
ウダウダと書きます。


ピアノを再開するようになってからよく思うのが、
一音一音を大切にしていないということ。
心がけたい気持ちはいっぱいあるんだけれど、
実際そこまで気が回っていないのが現実なんです。


more... »

スポンサーサイト
21:37 | -
comment(6)     -

 また実家

実家でソナチネを練習してきました。
ええ、またあの調律されてないアップライトです。
そしてまた中断もいっぱい入りました(笑)。
でも前回より集中は出来たかな

1楽章のトリルの練習から。
トリルの終わりがうまく合わせられないんですよ?
でも傍にいた母を無理やり付き合わせて考えました。
で、どこがおかしいか判明!
左手の最後の16分が焦って早く入ってるみたいです。
私はどうしてこう慌てんぼさんなんでしょうねえ・・・(そんなかわいいもんじゃないけど

でも今日の練習のおかげで3回に1回くらいは合う様になってきたかな??
いや、でもまだ抜粋して弾いた時だけしかできないよな・・・。
・・・。
頑張るぞー!おー!


ついでに2楽章をちょっと練習。
あは。音を一個ずつ拾っていくという感じで、まだまだスムーズには弾けないんですけど、やっぱり楽しい?♪

ハノン5番は予想通り苦戦中です。
特にリズム変奏、タッカの逆リズムが厄介です。
ついアフタクト(アウフタクト?)で入っちゃって、付点音符が拍の頭にきちゃうんですよね。ほんっと難しい
でもよく考えたら、レッスンではメトロノーム使わないのでアフタクトで入ってもばれないような気はするんですが・・・こんな考え駄目だろうなあ?(笑)。
18:02 | 未分類
comment(6)     -

 テンプレート変えました

突然ですが、デザイン変えました。
タグをちょこっといじったので、もし不具合見つけた方は教えてください?。
ホントにちょっとしかいじってないので大丈夫だとは思うんですが、初めてのことなのでちょっとドキドキ(笑)。

09:00 | -
comment(2)     -

 楽しい?

ソナチネの2楽章を譜読みし始めてから、なんだか楽しくなってきました。
新しい譜面というのは指が回らなくてイライラもしますが、
ワクワクも同時にやってきます♪
新しいのは練習すればするほど、明らかに弾ける様になりますもんね。
ピアノに向かう時間が少し増えたような気がします。
単純?(笑)。

1楽章のトリルの練習もやってますが、
こちらは悪戦苦闘中。
むっつかしーい
08:55 | 未分類
comment(8)     -

 6回目のレッスン

先日6回目のレッスンに行ってまいりました。
もう再開して3ヶ月経っちゃったんだなあ?

♪ハノン 4番
リズム変奏で指定されていた、全部スタッカートが一番の課題。
先生はいつも「スタッカートが大事」とよく口にされています。
練習してたのより意外と速いテンポで弾くよう言われたので、ちょっぴり焦りましたけど、何とか合格。

次回は5番。リズム変奏14番と、前四つがスラー・後ろ4つがスタッカート、というのになりました。16番と似てるけどちょっと違う。
ハノン5番は大嫌いな指の動きです
しかもリズム変奏の14番(タッカのリズムの逆)ときてるし。。
最近ハノンだけは1発合格出来ていたけど、
これは仕上がるまで時間がかかりそうです

♪ツェルニー30番 2番
いい加減終わらせたいこの2番ですが、
結果から言うと合格できませんでした
左手の音量が問題だったけど、今回はそれ以前の問題でした。
後半から、左手が固まってしまっていてまたカチコチ・・・。
もっと柔らかく手を使わないと!と言うことで
もう1回持越しです。
あら?丸2ヶ月以上やってますよ、この曲
・・・せっかくだから、しっかり仕上げたいと思います。

♪ソナチネ モーツァルトソナタK.545 1楽章
集中力が課題。それはわかっていたけど、やっぱりなかなか出来ずにドタドタしてしまいました。
でも先生がそのドタドタを見て、「体が微動だにせずカチコチになってるよ。もっと体使わないと」っておっしゃってくれて、しかも弾いてる間隣で大げさに動いてくれるから、ちょっと乗って弾けました。
そうかー。集中するって恥ずかしがらず感情を込められるようになることか、と今更ながら思ったり。
すると「今のは良かったよ」と言ってもらえました^^

ここで、今までずーーっと思ってたことを質問。
全音符についているトリルのことなんですが、
・・・お恥ずかしいのですが、今までトリルは左手に合わせて16分音符で弾いていましたもう仕上げ段階に入ってるのに、このままで良いの?って疑問だったんです。だって普通もっと速いですよね
でも先生は「16分で良いですよ。おかしくないですよ」って。
なので私必死に食い下がってみました(笑)。
で、色々教えてもらいながら倍にしてみたり、フリーで入れてみたりしたけど、元々トリルなんてやったことなかった私には難しすぎる
もうちょっとトリルを練習しなくちゃ駄目だな?と実感。
でも先生はトリル自体はあんまり重要視してないみたいで結構どうでもよさそう(笑)。
「1楽章そろそろ終わりにしてもいいかな?なんて思いますけど、どうします?」って聞かれちゃいました
トリルもうちょっとやってみたいし、今度こそ乗って弾きたいなって思うので、もう一度お願いすることにしました!
頑張れ私!(笑)

で、2楽章も見ましょうか??ってことになったんですけど、
次の人が後ろに座ってもう待っていたし、いつもの如く既に一時間近く居てたし(笑)、譜読み最初の16小節しかしてないし、また今度にしてもらいました。


課題が山積みだー
08:45 | 未分類
comment(2)     -

 ページめくり

3ページに渡っていて、ページ捲りが必須のソナチネ。
ページを捲ることで集中力が途切れてしまうと以前書きました。

なので、ここんとこページを捲る練習を。
というか、集中力が途切れないように意識して
ページが変わる所で間違えたり、つっかえたりしても
止まらないようにただひたすら続けて弾けるように心がけました。

そしたらだいぶマシになったみたい

こうやってちょっとずつでも出来るようになってくると嬉しいですね^^
まだまだ仕上がるのは先の話になりそうだけど、
こんな風にじっくりやっていきたいなあ?。


そしてまだ譜読み途中だった2楽章を最後まで弾いてみました。
この果てしなく長い曲は、やっぱり難しいみたいです・・・
まだレッスンでは弾けないなあ
21:09 | 未分類
comment(6)     -

 ちょっとだけ譜読み

今まで課題に出されている3曲を練習するだけで精一杯!って感じだったのですが、急に次の曲を譜読みしたくなりました。モーツァルトソナタK.545の2楽章です。

このK.545はソナチネに載ってるくらいだから、普通のソナタより短いらしいですが、私にはやっぱり長く感じます
しかもこの2楽章は2ページを超えてるんですよね。
私にとっては永遠にも感じられるような長さです(大袈裟・・)

時間があまりなかったので、まず片手でちょっと練習した後、両手で一度合わせてみたんですが、途中で変な和音になったり、16分と8分音符とを勘違いしてたり、とんでもないことになっていました
しかも結局時間切れで、半分も弾けなかったし・・・。
この曲ホントに弾けるようになるのかな・・・(-_-;)

ようやく、もっと譜読みしたいな?という気になってきたんですが、
やっぱり今の1楽章を先に仕上げなくちゃ!本末転倒ですね
まだまだ課題は山積みです。レッスンまであとちょっと。
1楽章どこまでもってけるかな?☆
15:18 | 未分類
comment(2)     -

 勘違い

実家で散々だったので、自宅でもっかい練習。
途中で忘れてしまったソナチネ(モーツァルトソナタK.545の一楽章)のリベンジです。勿論楽譜見ながらですが(^^ゞ

後半部分入ってからの左右の掛け合いの部分、
最近どうもまともに弾けなくなっていたんです。
音間違えるわ、指がばらつくわ、変な間が空くわ。
元々弾けてたともいい難いのですが、それにしても・・・ねぇ?ってくらいの出来でして
そこだけ何度も練習するのですが、何度練習しても一向に良くならないんですよ。

もう何でだろうな?と途方にくれてしまいました。

で、気が抜けた状態でなんとな?く鍵盤に手を置いて、上の空で弾いてみたら、
なんとなんと、スムーズに弾けちゃったんですよ!

・・・どうやらまた力が入りすぎて、カチコチの手になっていたみたい
それで気づいたんです(いや、薄々感づいてましたが)。
力がないのに力任せに鍵盤を叩いているので、乱暴な演奏になっていること。
無理やりfを出そうとして指や手に変な力が入っていて、手がより一層カチコチになっていること。

強弱ちゃんとつけなきゃ!と思って出来もしないことを無理矢理やっていたような感じです。
自分では曲想をつけているつもりだったけど、
気の弱い人(p)と乱暴な人(f)が合わさっただけの
変な演奏になってました

どうやったらいいのかはわからないけど、
とりあえず、もうちょっとゆ?ったりした気分で弾いてみたいと思います。
12:34 | 未分類
comment(4)     -

 実家でピアノ

久しぶりに実家のアップライトを弾きました。
ええ、あの十数年調律されてないあのピアノです

普通に弾いてしまうと、耳も体調ももたないので(笑)、
真ん中の音の小さくなるペダルを踏んで弾きました。
これだとあんまり聞こえないので意外と弾けるんですよね
で、ツェルニー30番は実家にあったのでそれを見ながら練習したのですが、ソナチネはないので覚えてる限りで弾いてみました。
結果、半分超くらいしか弾けませんでした・・・。
もうねー全然思い出せないんですよ
指が覚えてる部分もあるんですけど、それでもさっぱり繋がっていかないところがあったりして。

まあそれは仕方ないとして、周りが問題でした。
みんな話しかけてくるもんだから、全然集中できないっ!
返事するまで延々と話しかけてくるんだもん?
あの?、見ての通り、私ピアノ弾いてんですけど・・・

たまには弾かせてよ?って感じでした(笑)。
21:07 | 未分類
comment(4)     -

 5回目のレッスン

いつもレッスン前に雑談をしてくれます。
今回は10分くらい関係ないこと喋ってたかも。
きっと生徒のコンディションを整えるためなのと、
先生のおしゃべり上手と言うのがあるんだろうな?^^
話しやすい先生で楽しいです。

♪ハノン 3番
いつも通り、普通・リズム変奏・ちょっと速め、で弾きました。
思ってた以上にスラスラ弾けたかな?
最後の方で集中力が途切れかけてちょっと崩れそう・・・になりはしたものの、何とか合格もらえました!

次回は4番。リズム変奏3番と、全部スタッカート、になりました。
いつも私「リズム変奏○○番」とか書いてますけど、
先生は別に何を見てるわけでもなく、その場でリズム(アーティキュレーションと言うのかな?)を考えて書き込んでくれます。
家に帰って楽譜を見てみると、それが偶然(?)「変奏の例」というページに載っているリズムと一緒なんですよね。不思議?。
(でもよく考えたら8分と16分の組合せだからそんなもんかな??

♪ツェルニー30番 2番
ハノンで調子に乗ったはずが(笑)、ツェルニーになった途端カチコチに。
やっぱり左手の音量が大きすぎ。
右のメロディはスタッカートばかりなんですが、ついてない音符はちゃんと四分音符分伸ばすこと。全く気づいてなかったです。習っていて良かった?と思った瞬間でした。
家の電子ピアノよりも、教室のグランドは中音域の音量がとても大きいような気がしました。小さくしたいんだけど、左手はなかなか言うことを聞いてくれず・・・
左手の音量ばっかりに意識が行って、いまいち曲自体に集中できませんでした。
もっともっと左を軽くしなくては。
でも、これでも「前回よりずっと良くなりましたよ?」と言われました。ちょっとは前進できてたのね。良かった?
てな訳で、もう一回・・。

♪ソナチネアルバム1 モーツァルトソナタK.545 1楽章
全体的にミスタッチが多すぎてボロボロでした。
左の音量を抑えようと努力していたところは、少しだけ出来るようになっていました。他のあまり意識していない所は駄目でしたけど。
後半部分の追いかけっこ、スケールのところがやはりミスも多く、つっかえながらになってしまいます。
部分練習も忘れずにしっかりしましょう。とのことです。

あと、ソナチネの本では前半と後半の間でページをめくらないといけないのですが、そこで集中力が途切れてしまっているようです。
後半どうも集中できないなとかいつも思ってたんですが、単に長いからだと思ってました。いや、勿論それもあるんだろうけど、どうやらページが変わるということで頭がゼロに戻ってしまってるみたいなんです。
先生がページをめくってくれても同じで、そこで集中力が途切れる癖がもうついてるみたい。
変な癖がついちゃったな?
そんな訳でこちらももう一回・・・。

「2楽章どうします?」と聞かれ「無理です!」と即答。
焦っちゃいました?
どうやら先生はそろそろ1楽章を終わらせるつもりだったみたいです。
でもまだ全然まともに弾けてないんですけど・・・
あんまり同じ曲ばっかりちんたらやってても仕方ないってことなんでしょうかこれ以上の進歩は求められないって感じなのかな。アイタタ・・・

でもどっちみち、1楽章を完成させるのと、2楽章の譜読み(しかも両手であわせて先生に聞かせるなんて)、はっきり言って同時進行は無理です?
でもきっと、普通は皆ちゃんと同時進行してるんですよね。
すごいなあ・・・。
まっ、とりあえず私は1楽章を仕上げるのに必死になりたいと思います!


ピアノを弾くのに集中力が足りてないなと感じたレッスンでした。
15:01 | 未分類
comment(12)     -

 左手

ここ数日まじめに練習してますよ?。

♪ハノン 3番
3番より2番のほうが複雑で難しかったなぁと思います。
テンポ60からどんどん上げていくのですが、途中疲れてきて怪しくなってくるのはいつものこと・・・でもまあ何とか大丈夫かな?

ためしに、1,2番を連続して弾いてみたんですがめちゃくちゃでした。2番が難しく感じるのは勿論ですが、1番までもが難しい!あちゃー逆戻りです

♪ツェルニー30番 2番
気を抜くと左手の音量が大きくなってきます。
特に最後の数小節、左手の動きが元に戻ってからが駄目です。
でもだいぶ曲にはなってきたかなあ。

♪ソナチネアルバム1 モーツァルトソナタK.545 1楽章
こちらも左手。
左手のピアノを意識しすぎて、途中のタリラリラリラリ タリラリラリラリの所(笑)、音が消えかけていたんですよ。
これじゃーいかんよな。どうしようかな。とか思ってたら、
鍵盤を底まで押してないことに気づきました!
そりゃ音も消えますよね
しっかり底まで押すことで安定して音が出るようになりました。まぁピアノにはまだなってないんですが・・。

全体を通して弾くとまだまだミスだらけ。焦ってテンポ80をキープしなくては?と思っているからか、どことなくぎこちない。曲に乗ろうと思ってテンポを上げてもやっぱりミスはする。
もっとテンポを落としますかね。やっぱり。そして部分練習も今一度しっかりしなくてはね。

2楽章の譜読み、「今やってる曲に行き詰った時、息抜き代わりにやってみます?」なんて言ってたのですが、ほとんどしてません(笑)。
行き詰った時は、すでにピアノを弾くことに疲れた時なので、譜読みなんてしてられません。楽譜見るのも嫌だよってくらい
なので譜読みできたのは最初の辺りだけです。だって2楽章長いんだもん・・・。


う?ん。私の進度では1ヶ月に1回のレッスンでも良いくらいだったりして!?
08:45 | 未分類
comment(4)     -

 ハンドクリーム

気がつけばもう9月。
9月に入ってから朝晩が涼しくなってきました。
いつもは嬉しい季節なんだけど、
今は、手のかじかむ季節がやってくるんだなあ、寒さ対策どうしようかなあ、と少し心配してみたり。
ピアノを弾くには冬より夏のほうが向いてるんだろうな。

あ、でも、夏は汗をかくから普通の人は指が滑って困るのかな?
私は夏でもハンドクリームなしで生活できない体なので(大袈裟)、汗で滑るなんて事ほっとんどないんですけどね。
乾燥しすぎで滑ることはよくある・・・(笑)。って笑えないー

今処方されているのはウレパールという軟膏です。
前まで使っていたのは市販の尿素入りのハンドクリーム。
どちらも良く似た感じですが、ウレパールの方がニュルニュルせずに少しマットな感じがします。
なのでピアノを弾くにはちょうどいいかも。

何も塗らずにピアノを弾くと乾燥しすぎでツルツル滑って、黒鍵盤から指が落ちてしまうんですよね。クリームを塗ると良い具合に指が鍵盤に留まってくれるんですよ。
もっと上達すれば、ツルツル滑ろうが指が落ちることなんてないんでしょうけどね。もっとしっかり鍵盤をつかめるようになりたいな?。


ホントは練習のことを書こうと思ってたんだけど、全然違う話になってしまいました
08:13 | -
comment(4)     -
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。